なぜ相対性理論じゃないのか?

さて、それでは大天才アインシュタインの代名詞ともいえる相対性理論です。なぜアインシュタインは光量子化説でノーベル賞を受賞したのでしょうか?なぜ相対性理論ではなかったのでしょうか?そもそも相対性理論とはどんな理論なのでしょうか?
まず、相対性理論について簡単に説明します。本当に簡単に表現するならば、この宇宙で最速の存在が光であることを示したのが相対性理論です。これと同時に、時間の流れが引力などの影響を受けていることも示しています。さらには物質のエネルギーが重さ、質量に光の速度の2乗を乗じた数値に比例することも示し、これは後に原爆の開発への入り口となりました。
なぜアインシュタインが相対性理論でノーベル賞をとれなかったのか?その理由にはいろいろと仮説があるようですが、有力なのは「相対性理論があまりにも斬新な理論過ぎたため」という説です。審査する側が評価してよいのか分からないほど、先進的過ぎたため、安全策として光量子理論で受賞させたという説が有力視されています。キュリー夫人が2回のノーベル賞受賞をして以来、ノーベル賞は一人一回という決まりになったため、既に光量子化説で受賞したアインシュタインは相対性理論で受賞することができなかったのです。
ちなみにアインシュタインはノーベル賞に値するような功績を4つも5つも残しています。本当に、世紀の大天才だったのです。

なぜ相対性理論じゃないのか?

Find More Sidebar Options from Toggle Bar Above