大天才アインシュタイン

“天才という言葉を聞いて、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか?イチロー選手でしょうか?それともバカボンでしょうか?まあ、人それぞれでしょうね。しかし世界のだれもが認める天才の代名詞といえば、やはりアルベルト・アインシュタインでしょう。
相対性理論で有名なアインシュタインですが、彼もまた、ノーベル賞受賞者の一人です。彼の代名詞である相対性理論ではなく、光量子化説に基づく光電効果を理論的に解明したことによってノーベル賞を受賞しました。でもいったい、光量子化説とはどのようなものなのか、皆さんご存知ですか?
光量子化説を簡単に表現すると、光についての仮説です。私たちの周りには光が溢れています。空にも海にも山にも、昼も夜も光は存在しています。まったく光の注がない空間を造ることの方が難しいですよね。かつて光というのは、音のように「波」として伝わるものとされていました。でも、実際にはそれでは説明がつかない実験結果が多々発生していたのです。そこでアインシュタインは、光は波ではなく、小さな粒の塊であると仮説を立てたのです。ものすごく小さな粒がビリヤードの玉のようにぶつかることで光として進んでゆく、という仮説です。この仮説は光電効果を実際の実験結果と矛盾することなく説明できるものでした。
当時の物理学的には革命的で奇跡的な仮説であり、この仮説によってアインシュタインはノーベル物理学賞を受賞したのです。ちなみに光量子化説と相対性理論、ブラウン運動について述べた論文が発表された1905年は、奇跡の年と言われています。

大天才アインシュタイン

Find More Sidebar Options from Toggle Bar Above